ミレニアムサロン

03-5226-6330 English
03-5226-6330

トピックス

肥満の原因が「栄養不足」にあった?

女性のウエスト

私たちは、食事をすることで、必要なエネルギーを摂取しています。
そして、その余剰分が体内に蓄積されること、つまり「食べ過ぎ」が肥満の原因であるというのが一般的な考え方です。
「食べすぎ」→「エネルギー過多」→「肥満」とういう構図はわかりやすいですよね。
でも最近、肥満の原因に関して新たな説がでていることをご存知でしょうか?

それが「新型栄養失調」というものです。
この飽食の時代に「栄養失調」なんて言葉は考えられないですよね?
「食事は三食きちんとちゃんと摂っているから大丈夫!」

あなたはそう思っていませんか?

現代人の食生活の現状

でも厚生労働省が毎年発表する最新の「国民健康・栄養調査」を、「食事摂取基準量」と照らし合わせると、現代人の食事は、ビタミンA、ビタミンBなどの他、食物繊維・たんぱく質などが、目標摂取量に達していないとのことです。

現代の食事はカロリー(エネルギー)は十分すぎるほど摂れているのに、ビタミンやミネラル、食物繊維が不足している傾向にあります。

ビタミンやミネラルが不足すると、エネルギー代謝が悪くなり太りやすくなります。
また、食物繊維が不足すると「便秘がち」になり腸内環境に悪化によって肥満につながります。

 

「新型栄養失調」の原因とは?

この現代において「栄養失調」なんてありえない!
と思われているかもしれませんが、この原因は「加工食品」の増加にあります。

ファストフードやコンビニ・インスタント食品で食事をする若者。
時間に余裕がなく「安い・早い」の外食で食事を済ませてしまう働き盛りの世代。
帰宅が遅いため、自宅での調理ができずほぼ外食に頼っている女性
食が細って、栄養の偏りが生じてくる高齢の方。

こういったことを考えると、このような生活をしている方のほとんどは「栄養失調」かもしれません。

特にファストフードやコンビニの加工食品はにはビタミンやミネラルがほとんど含まれていません。
そういった加工食品の摂取の上にスナック菓子などを食べることでどんどんビタミンやミネラルを消費しているんです。
また、どうしても痩せたいからといって食事制限のダイエットに頼るのは危険。

食事制限のダイエットの危険性!

食事制限のダイエットは、ビタミンやミネラル不足を引き起こすだけでなくたんぱく質不足で筋力も低下します。
体重は減ったけれど筋肉もなくなり、お肌がぼろぼろ、体調が最悪~!なんてことにもなりかねません。

そんなことにならないように、正しいダイエットが必要なんですね。