ミレニアムサロン

03-5226-6330 English
03-5226-6330

トピックス

痩せるために知っておくべきこととは!?

ダイエットは女性の永遠のテーマ!

頑張って食事制限してもなかなか痩せない~(ノД`)・゜・。。
運動しているのに全然痩せない~
こんなことにお悩みではありませんか?

「美しく痩せたい」というのは、誰もが願うこと。
そこで今回は、なかなか痩せられないあなたが知っておくべきことについてお話します。

太るホルモンとは?

痩せようと食事制限して頑張っても痩せないあなた!
もしかすると「太るホルモン」が関係しているかもしれません。

この「太るホルモン」のせいで、なかなか痩せなかったり、痩せたい場所のお肉が落ちなかったりしているかもしれません。

このホルモンを知らずして痩せるのは難しいのです。

この知っておくべき「太るホルモン」は二つあります。
「コルチゾール」と「エストロゲン」です。

この二つのホルモンについて詳しくお話ししていきます。

太るホルモンーその1|エストロゲン

「エストロゲン」とは女性ホルモンのこと。

女性だけに分泌されているわけではなく、男性も分泌しているホルモンです。
この「エストロゲン」は女性らしさを作るために必要なホルモンですが、肥満にも大きく関わっているんです。

女性ホルモンは、たくさん分泌されていれば女性らしさがアップして「いい女になれる」のでは?
と誰もが思いますよね?でもちょっと注意が必要なホルモンなんです。

実はこの「エストロゲン」
少なすぎても肥満になるのですが、過剰なことも問題なのです。

更年期以降に太るのは、このホルモンの減少が大きく関係しています。

エストロゲンが減ると、満腹ホルモンである「レプチン」が減り、空腹ホルモンである「グレリン」が増えます。なので、食欲がアップするのです。
また「レプチン」の働きが低下して内臓脂肪が燃えにくくなり太ってしまうこともわかっています。

なので多くの女性は、このエストロゲンを補充するため、イソフラボンが豊富な大豆の積極的に摂取が勧められているんです。

でも現代では、このエストロゲン過剰が問題になっています。

問題はエストロゲン過剰!

「エストロゲン」は、もう一つの女性ホルモンである「プロゲステロン」とのバランスが重要なのですが、現代ではエストロゲンが優位になっているので、なかなか痩せられないという状況になっています。

エストロゲンが過剰になると「お腹」「お尻」「胸」に脂肪がつきます。
また気分が落ち込みやすいという症状もでてきやすいのです。

エストロゲン過剰が続くと
女性は「乳がん」「子宮ガン」「子宮筋腫」「生理不順」などの原因となり、
男性ですと「前立腺がん」「性欲減退」「女性化乳房」の原因になります。

ではなぜ現代、エストロゲン過剰で痩せられない方が増えているのでしょうか?

エストロゲン過剰の原因とは?

色々な原因が考えられますが、エストロゲン過剰の大きな原因の一つは「環境ホルモン」です。

この環境ホルモンは、食品、殺虫剤、自動車の排気ガス、石けんやシャンプーにも含まれていて、
体内でエストロゲンに似た作用を持ちます。
この環境ホルモンが原因で、体内のエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れてしまっているんです。

女性のウエスト

 

エストロゲン過剰にならないためには!

環境ホルモンは、身近な所にあり完全に避けることは難しいのですが、少しでも体内に多く入れない注意が必要です。環境ホルモンによりエストロゲン過剰にならないためには

  1. オーガニック食品を摂りいれる
    なるべく「農薬の多い食品」や「遺伝子組み換え食品」は避けましょう。
    またお肉は「成長ホルモン」などを使っていないものを摂るようにしてください。
  2. 加工食品は避ける
    加工食品にはいろいろな添加物などが含まれています。
  3. ケールやブロッコリーなどアブラナ科の食品を積極的に摂りいれる
    このような食材にはファイトケミカルの一種である「インドール」が含まれています。
    インドールは女性ホルモンを抑制する成分が含まれています。
  4. 肝臓を疲れさせない
    アルコールだけでなく、睡眠不足や薬の摂取、食べ過ぎなどは「肝臓」を疲れさせます。
    肝臓は、過剰なエストロゲンを代謝してくれます。

注意すべきことはこれだけではありませんが、「エストロゲン」が過剰にならないために重要なポイントをお話しました。

太るホルモンーその2|コルチゾール

「ストレス太り」「ストレス痩せ」という言葉をよく耳にしますよね。

コルチゾールとは「ストレスホルモン」のことで、肥満とも大きく関係しています。
「ストレス」により分泌されるのですが、このホルモンがなぜ太ってしまうのか?
(もちろん痩せることもありますが)

肥満に大きく関係するこのホルモンについてもお話します。

ストレスにより分泌されるコルチゾール

満員電車や人間関係によるストレス。
毎日このようなストレスがかかると、私たちはストレスホルモンである「コルチゾール」を大量に分泌します。

「コルチゾール」自体は私たちにとって必要なホルモンなのですが、このホルモンが毎日過剰にに分泌されると太りやすくなってしまうんです。

なぜならコルチゾールは脂肪を蓄積させやすく、食欲抑制ホルモンであるレプチンを減少させ、その結果、食欲が増してしまうからなのです。
また、内臓脂肪までも増やしてしまいます。

このストレスホルモンを過剰に分泌させないためには「ストレス」を避けるしか方法はないのでしょうか?

コルチゾール過剰にならないためには!

ストレスは誰だって避けたいもの。
でもこのストレス社会においては、なかなか完全に避けるのは難しいですよね。
とはいえ、過剰にならないためにはどうしたらいいんでしょうか?

  1. よく睡眠をとる
    睡眠はコルチゾールが過剰にならないための特効薬です。
    質の良い睡眠をとりましょう。睡眠時間をしっかりとることが大切です。
    こちらも参考にどうぞ→質のいい睡眠をとるために
  2. 深呼吸を心がける
    深呼吸は、リラックスの神経である副交感神経を優位にしてくれます。
    デスクワークや通勤時間の間は呼吸が浅くなりがち。
    気をつけて深呼吸を心がけましょう。
  3. 自律神経のバランスをとる
    いつもイライラしていると、コルチゾールが過剰になってしまいます。
    お休みの日には、気分転換して副交感神経を活発にしましょう。
    マッサージやエステもリラックスにはおススメです。

コルチゾールの過剰によって、胃腸機能が低下し食欲が落ちてしまう場合もあります。
これが「ストレス痩せ」の原因です。
このような場合は、内臓機能が低下してビタミン不足などになり肌荒れを引き起こしたり、口内炎になりやすくなったりします。

このような痩せ方は避けたいですね。

まとめ

健康的に痩せるためには、この二つのホルモンをコントロールすることが不可欠です。
食べ過ぎないことも重要ですし、食品の質などにも注意して健康的にダイエットをおこないましょう。