ミレニアムサロン

03-5226-6330 English
03-5226-6330

トピックス

産後の骨盤矯正

女性の身体は、妊娠中・出産時に大きく変化します。

妊娠時は、胎児の成長で子宮は大きくなり、それと共に骨盤周りの筋肉や靭帯を緩めて骨盤が広がり、出産の準備をします。

そして出産後は、妊娠前の状態に戻ろうとして大きく変化します。個人差はありますが、この産後6~8週間の回復期間を「産褥期(さんじょくき)」と言います。9k

産褥期の身体の変化

・子宮の変化
妊娠中に大きくなった子宮は、妊娠前の状態に戻ろうと収縮します。その収縮時に痛みがでることがあります。

・ホルモンの変化
出産後は、母乳を分泌するためにプロラクチンというホルモンが分泌されます。
また女性ホルモンの分泌が急激に減ることによって、抜け毛が増えたりお肌が荒れるなど、様々な影響があります。

・骨盤の変化
出産時に開ききった骨盤も子宮と同様に、元の状態にもどるべく、緩んでいた筋肉や靭帯を時間をかけゆっくりと元に戻そうとします。産後の開いた骨盤は、ある程度は元の状態に自然と戻っていきます。

出産後の骨盤の歪みや開き

先ほどお話したように、子宮や骨盤は自然に元の状態に戻ろうとします。

子宮は収縮して、自然に骨盤は締まってきますがこの収縮が自律神経のバランスの乱れでうまくいかない場合に、骨盤が締まらす、開いたままとなってしまいます。

また、骨盤の歪みがあったり、骨盤周りの筋肉が緊張したままになっていると骨盤は、なかなか元の状態に戻ってくれません。

骨盤が歪んだままになっていると、腰痛や肩こりの原因になりますし、骨盤が開いたままだと、その上に脂肪がつきやすくなって、お腹回りや下半身にお肉が付きやすくなります。

また、産後に赤ちゃんの抱っこやおんぶ、育児の疲れ、睡眠不足などが重なると、拍車がかかり、なかなか元の状態に戻りにくくなってしまうんです。

そこで「骨盤を締める」という必要性がでてくるんですね。
でも「骨盤を締める」といっても締めれば締めるほどいいのでしょうか?

骨盤はとにかく、締める!それでいいのでしょうか?

「骨盤はとにかく締めればいい」そんなイメージを持っていませんか?

骨盤内には、重要な臓器である腸や子宮、卵巣などがあります。
骨盤を締めることによって、これらの臓器の機能が低下し身体の不調を招くことにもなりかねないのです。

これらの骨盤内の臓器の機能低下によって、便秘や冷え・血流の悪化などによるむくみや基礎代謝の悪化など・・身体の不調を引き起こしてしまいます。

だから・・

骨盤を外から強制的に占めるというやり方ではなく、戻りやすい状態を作ってあげるということが必要になってくるんです。

特に骨盤の動きが悪かったり、歪みがあると、血流が悪い状態となり、なかなか元に戻ってくれません。9k

骨盤周りの硬くなった筋肉をほぐし、骨盤の動きをしなやかにし、血流を良くすることが骨盤を自然に締めるポイントとなります。

骨盤を締めるポイントとは?

ストレッチなどで、一時的に筋肉を伸ばして骨盤を締めたとしても、それだけではすぐに元に戻ってしまいます。

元に戻りにくい状態を作るためのポイントは

  1. 身体全体の歪みと骨盤の歪みを整える
  2. 骨盤周りの硬くなった筋肉を十分に柔らかくしておく
  3. 骨盤周りの血流を上げる
  4. 筋肉が柔らかくなるよう自律神経のバランスをとり戻りにくい状態を作っておく

この4つがポイントとなります。

産後はホルモンの影響や育児疲れ、睡眠不足になりやすく、自律神経が乱れやすくなっています。
特に注意が必要な女性は、普段から冷えを抱えている方です。

冷えのある方は、筋肉がほぐれにくく、元の状態に戻りにくいので注意が必要です。
また、筋力が衰えている方も同様です。筋力が衰えていると元に戻れず、骨盤が開きっぱなしになる恐れがありますので普段から運動することを心がけましょう。

子育てママは忙しいしお疲れなので、運動と言っても、ジョギングなどは特に必要ありません。
普段から階段を使う、少し速足で歩いてみるなど、ちょっとした心がけでいいと思いますよ。

産後の骨盤ケアは出産後2ケ月~6か月が一番ベストです。
個人差はありますが6か月すると骨盤は自然に固定されてしまうと言われています。ですのでこの時期に骨盤ケアすることがおススメです。

でも、出産から何年もたっている方にも骨盤ケアは重要です。

効果がないワケではありません。骨盤の動きをしなやかにして歪みをとることで、肩こりや首こり、お腹にお肉がついてしまうなどの予防にもつながります。

お悩みの方は、ミレニアムサロンにお気軽にお問い合わせくださいね。