ミレニアムサロン

03-5226-6330 English
03-5226-6330

トピックス

ノロウイルスへの正しい対処法

images寒さも本格的になってきましたね。

寒さとともに「ノロウイルス」に感染されるかたも多いようです。

今回は、今猛威を振るっている「ノロウイルス」への正しい対処法についてお話させていただきます。

ノロウイルスの感染経路について

ノロウイルスは、感染した人の便や嘔吐物(吐いたもの)に触れた手が感染経路となります。
触れた手が食べ物を介して人の口に入ったときに感染したり、
吐いたものに触れた手で、ドアノブなどに触ったりした後に、その手で食事や調理をしても感染します。

ですので、ノロウイルスに感染した調理者が調理をして集団感染になる場合があるんですね。

また、牡蠣などのウイルスに汚染された食べ物を十分に加熱せずに食べた場合にも、感染します。

空気中に浮遊しているウイルスが口に入ることで、感染する場合もあります。

このように様々な感染経路があり、きちんとした予防策をとっておく必要があります。

感染力が強いノロウイルス

また、ノロウイルスの感染力は非常に強いので、少しのウイルスが入っても、感染し発症します。
ですので、気をつけていたのに感染してしまったということも多いようです。

さらに、残念なことにある程度までの高温や乾燥にも強くてなかなか死なない強いウイルスなので、アルコール消毒が効きません。

先ほどお話したように、感染経路は様々でなかなか死なないこのウイルスは、本当に厄介です。

寒いこの時期には、多くの人が感染している恐れもあり、注意が必要なんですね。

ノロウイルスの予防策とは?

このように強い感染力をもつノロウイルスですが、私達はどのように予防すればよいのでしょうか?

同じウイルスでもインフルエンザとは対処法が異なってきます
この機会に、対処法を知っておくと役に立つでしょう。

1)手洗い

Z

どんな場合でも、手洗いは基本でノロウイルスも例外ではありません。

流水でしっかり手を洗うとノロウイルスを洗い流すことができます。
指と指の間や指先、手首までしっかり洗ってください。

石鹸はノロウイルスには有効ではありませんが、しっかり洗うことでウイルスを洗い流せます。

ただ、抗菌石鹸は効果がありませんのでお使いになる必要はありません。

2)加熱調理する

牡蠣などの2枚貝は、ノロウイルスが付着している場合が多いのでしっかり中まで火を通しましょう。

特にこ寒いこの時期は注意が必要です。いつも以上に火を通しておきましょう。

3)食器などの洗浄

もしご家族にノロウイルスに感染した方がいらっしゃる場合には、その食器類にウイルスが付着していることも考えられます。
その場合は煮沸消毒を行うなどの対策をとったほうがいいでしょう。

また、ウイルス感染している方はタオルなどは極力使用せず、ペーパータオルなどを使い他の方への感染を防ぎましょう。
ドアノブやスイッチなどにもウイルスは付着します。
そういった場所は、次亜塩素酸ナトリウムや塩素系漂白剤を薄めて使用してください。

また最近は、ノロウイルスに一定の効果があるアルコール(酸性)が売られているようです。それをお使いになってもいいでしょう。

自己免疫力が鍵!

ノロウイルスにかかりやすいのは、免疫力が弱い子供やお年寄りです。

免疫力が高ければ、症状が出なかったり軽い症状で終わることもあります。
ですので、ノロウイルスに限らずウイルスに感染しないためには、日ごろから免疫力アップのための生活を心がける必要があります。

免疫力アップのためには、十分な睡眠をとったり、ビタミンやミネラルたっぷりのバランスの良い食事を心がけるなど、日ごろから体調管理をしておきましょう。

特に自己免疫は腸内の環境と大きく関わりを持っています。
便秘や頻繁に下痢を繰り返す人などは、十分に注意してくださいね。