ミレニアムサロン

03-5226-6330 English
03-5226-6330

トピックス

シミを作らないための野菜や果物

暑い日が続きますね。
夏は紫外線も強いですし、クーラーの中と外を行ったりきたりで自律神経も乱れがちです。

身体の冷えにも注意が必要ですね。
冷えにも注意が必要ですが、それと同時に女性にはこの紫外線の強い時期は「シミ対策」も重要です。

野菜や果物はビタミンやミネラルが豊富で毎日しっかり摂りたいですよね。

でもこの時期、中にはあまり紫外線の強い朝~昼にかけてあまり摂らないほうが良いものもあります。今日は、注意したい野菜や果物についてお話させていただきます。

シミを作りやすい物質とは?

皆さんは日焼け止めや帽子などで、いろいろ紫外線対策をされているかと思います。

がっちり対策ができていれば大きな問題はないのですが、そうでない場合は食べるもののは注意が必要です。
それは「ソラレン」や「フロクマリン類」が含まれている野菜や果物です。

この二つの物質は紫外線の吸収を高める物質なんです。
紫外線の吸収が高まると皮膚表面や、真皮に強い傷害を起こします。

この障害が「光毒性」といわれるものです。

「光毒性」を起こすとシミになってしまうんですね~。あ~怖い。

ある種の柑橘系のエッセンシャルオイルなどを塗って紫外線を浴びると、シミになりやすいということを聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、このエッセンシャルオイルには先ほどお話しした「フロクマリン類」が含まれているんです。

そのため、光毒性をおこしてシミを作ってしまうんですね。

シミを起こす野菜や果物とは?

では、このしみを起こす可能性のある野菜や果物にはどんなものがあるのでしょうか?

ソラレンを多く含むのは

柑橘系の果物ではレモン、オレンジ、グレープフルーツなどに多く含まれます。
レモンにはビタミンCが多く含まれ、美白にもピッタリなのですが、残念ながら光毒性も持つため、食べ方には注意が必要ですが、レモン汁くらいなら問題はないでしょう。

野菜ではきゅうりにご注意を。
昔から、きゅうりパックは美肌になれるといわれていましたが、残念ながらきゅうりにもソラレンが含まれているため、今ではきゅうりパックは要注意です。

香味野菜では
パセリ、セロリ、しそ、三つ葉などの香味野菜も、ソラレンの含有量が多いようです。

ほかには、いちじく、キウイ、サプリメントのクロレラにもソラレンが含まれています。

 

 

今流行りのスムージーですが、健康に良いからと毎朝飲んでいる女性は注意したほうがいいかもしれませんね。

シミを作りやすいエッセンシャルオイルとは?

シミを作りやすいものは、果物や野菜だけでなくエッセンシャルオイルにもあります。
先ほどお話しました「フロクマリン類」を含んだものですね。

シミを作りやすい果物と同様
レモンやグレープフルーツ、ライムなどは注意が必要です。

朝、エッセンシャルオイルをお使いの方は気をつけてくださいね。

紫外線対策は万全ですか?

このように、紫外線対策には食べ物も重要ということはおわかりいただけましたでしょうか?
日焼け止め
帽子
手袋
サングラス

などいろいろな対策をされているかとは思いますが、女性の万全すぎる紫外線対策も注意が必要です。

というのも皆さんが大嫌いな紫外線もビタミンDを作る為に必要となるからです。

ビタミンDはカルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つのに働いています。
また最近では、ビタミンDに免疫力アップ効果やガン・糖尿病、自閉症などに有効かもしれないという報告もされています。

なので、全ての紫外線をシャットアウトするのは問題もあります。
少しは必要なんですね。

紫外線とは上手く付き合いましょう。