ミレニアムサロン

03-5226-6330 English
03-5226-6330

トピックス

年末年始、太らないためにやっておくべき5つのポイント!

大きなイベント「お正月」は、クリスマスからの流れもあり、年末年始はついつい食べ過ぎてしまう時期ですよね。

c789_iseebitoosechi_tp_v1

クリスマスにはケーキもあるし、お正月は、お節料理におもち・・・と美味しいものを食べる機会が増えるこの時期は、ついつい食べ過ぎてしまい、次の日には毎朝「反省」する方も多いのではないでしょうか?

この時期だけで2kg以上も太ってしまうという方もいるようです。

今回は、このようなお悩みの方のために、こんな時期に太らないためのポイントを紹介したいと思います。

一番の対処法は「食べ過ぎない!」とうことですが、これは誰しもわかっていること。
あなたはそれがなかなかできず悩んでいるわけですからね。。

1)食べる順番に注意

食べる順番は重要です。
おせち料理はいろいろな種類の料理が一緒に盛り付けられていますので、ついつい美味しそうなものからてを出してしまいがちです。
でも、太らないためにはまず食物繊維の多いもの、血糖値を上げないものから食べるのが大切。
食物繊維が多く、甘くないものを最初に選びましょう。

「なます」や「しいたけ」などの野菜がおススメです。

次に「魚類」や「カズノコ」などのたんぱく質。「ローストビーフ」などのお肉でもいいし「八幡巻き」でもOK。

最後に「栗きんとん」や「黒豆」など甘いものを選択しましょう。
甘いものはできるだけ最後に持ってくるのがポイントです。

とにかく甘いものは最後!これだけ覚えていればOK.

2)夜遅く食べない

これもわかっていてなかなか実行できないですよね。
この時期は、家族と集まったりすることもあり、ついつい夜更かししてしまうもの。
でも夜遅く食べるのはNGです。だらだら食べになってしまうことやスナック菓子に手を伸ばしてしまうこともあり、危険。夜更かしは避けましょう。

食べ過ぎないための対処法

まずは、食べ過ぎないための対処法です。

  • 早食いは避け、よく噛んで食べる
    これはわかっていて、なかなかできていない方は多いようです。
    早食いをすると満腹を感じるのが遅くなってしまいます。
    くれぐれも早食いをするのは避けましょう。
    またよく噛むことも必要です。
    よく噛むことによって、唾液がしっかり出てその中に含まれる消化酵素のアミラーゼがしっかり消化を助け、胃腸の負担を軽減してくれます。
  • 消化を助けてくれるものと一緒に食べる
    大根などにはジアスターゼという消化を助けてくれる酵素が含まれています。
    ただ加熱すると、その活性が失われてしまうので生のまま「大根おろし」や「サラダ」で食べることをおススメします。また、キャベツも胃の粘膜を守ってくれる働きがありますので、このような食材を一緒に食べるといいでしょう。
    こちらも生で食べることが大切です。

z

ただこのように注意していても「食べ過ぎちゃった」そんな時には。。

食べ過ぎてしまったときの対処法

  • 生姜
    生姜には炎症を抑え、消化液の分泌をうながしてくれる働きがあります。胃の粘膜が荒れている時にはうまく活用しましょう。身体も温めてくれますので、紅茶に加えて生姜紅茶として飲むのもいいでしょう。
    001112_li
  • ハーブ・アロマ
    ハーブやアロマオイルを活用するのもいいでしょう。
    ご存知のように「ペパーミント」や「カモミール」には、消化を助けてくれたり、胃痛を和らげる効果があります。アロマを用いる場合には、品質の良いものをお使いになる事をおススメします。
  • 発酵食品を利用する
    先ほどの大根などと同様に、酵素食品を利用することで消化を助けます。
    味噌や納豆、お漬物や麹といった昔ながらの発酵食品をうまく活用しましょう。

ただ、アロマなどと同様に発酵食品を利用する際は、品質が重要です。
味噌や納豆などの製品に多くの添加物や保存料が入っていたり、遺伝子組み換えを使った製品などはかえって不調の原因ともなります。
ラベルを良く確認し、異性化糖や保存料の含まれていないものを摂りましょう。

3)食事時間以外に食べない。

夜遅く食べるのも危険ですが、正月はケーキなどのおやつ類にも注意が必要です。
3時のおやつなどに手を伸ばすと、後で大変なことに。
食事時間に食べないよう注意しましょう。

4)運動不足に注意

お正月はテレビの前でだらだらと過ごしがちになります。
食べているのに体は動かさない。
もちろん身体の中にため込むことになりますよね。

軽いウォーキングなどでもいいので、代謝を上げるためにも少しでも運動をするよう心がけましょう。

5)外食に注意

年末年始は自宅でゆっくり過ごしたいですよね。
そのため外食の機会も増える方が多いと思います。

回転寿司や焼き肉など、ついつい目の前にたくさんの種類のものがでてくると、ついつい手が伸びてしまいます。この時期は外食には注意しましょう!

もっと簡単な対処法は?

ここまで読んでいただいて、もっと手軽に対処したい方は、良質なサプリメントなどを利用するもいいでしょう。

食べ過ぎを防ぐために食物繊維サイリウムとビフィズス菌70億を配合した商品を取り扱っております。

食べる前に飲むと満腹感が得られるため、手軽に食べ過ぎを防ぐことができます。

飲みすぎ、食べ過ぎの際には胃腸を休ませてあげることが一番です。
お気軽にお問い合わせください。